2006年08月30日

あいさつ(Bonjour)

ボンジュ~ル! コマンサバ~ ?!

Bonjour tout le monde!
受け口のブルくん♪

会話はやっぱりあいさつから始まり~!
このひとことだけで、気持ちもすっきり!

Bonjour.
ボンジュール 「こんにちは/おはよう」 Hello!

Salut. 
サリュ 「やあ」 Hi!/Hello!(フレンドリー)

あいさつの後に、だいたいこちらの人は名前をつけています。
親しければ相手の名前をそのまま。
名前がわからなければ、男性→ムシュ、女性→マダムつけて
名前もつけて呼んでみましょ!

苗字がわかっていて丁寧に呼ぶなら、
ムッシュ+苗字 (男性に)
マダム+苗字 (女性に)

Bonjour, Monsieur...
ボンジュール ムスィュー 「こんにちは...さん」(男性に)

Bonsoir, Madam....
ボンソワ マダム 「こんばんは...さん」(女性に)

Bonne nuit, Madam 
ボンニュイ マダム 「おやすみ ...さん」

あいさつした後、相手の具合も聞いてみましょ♪

Comment allez-vous?
コマン タレヴ 「ご機嫌いかが?」 How are you?

comment
コマン (adv.)「どのように」

allez-vous? 
アレヴ 「~どう?」 ~do you go?/ ~are you?

Comment vas-tu?
コマン ヴァテュ 「調子どう?」(フレンドリー)

Comment ça va?
コマン サ ヴァ 「元気?」

Ça va?
サ ヴァ 「元気?」

Ça va.
サヴァ 「元気ょ」 Fine.

Très bien.
トレ ビエン 「とてもよい」 Very well.

Et vous? 
エ ヴ 「あなたは?」 and you?

Et toi?
エ トワ 「君は?」 and you?

Merci,très bien.
メルスィ トレ ビエン 「ありがとう。とても元気です」
posted by Timothée at 00:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | ひとくち会話

2006年08月28日

持っている? (Avez-vous...?As-tu...?)

サリュ~♪サバ~?!

Salut~!Ça va?
こちらのワンちゃんは通りを歩いていたブルドックくん♪
私は昔は柴犬やビーグルを飼っていました愛犬家で~す!

今日からひとくち会話のカテゴリーをつくってみました。
覚えいったことをこのカテゴリーにメモしていきたいと思います。マイペースですので間違ったこともありますので、ご容赦ください〜!

秋は個人的に忙しくなりまして、更新がスローになります~!

今日は、Avoir 「持っている?」 Do you have...?

Avez-vous...?
アヴェヴ (*丁寧なとき)
As-tu...?
アテュ (*フレンドリーなとき)

...に名詞を持ってくると文ができるょ~!

ex.)

As-tu de l'eau?
「水持っている?」

As-tu des cigarettes?
「タバコ持っている?」

As-tu des allumettes?
「マッチ持っている?」

Avez-vous des croissants?
「クロワッサンは売ってますか?」

Avez-vous un chapeau rouge?
「赤い帽子は売ってますか?」

eau
(f)「水」

cigarette
スィガレット (f)「(紙)たばこ」

allumette
アリュメット (f)「マッチ棒」

croissant
クロワサン(m)「クロワッサン 三日月」

chapeau
シャポー (m)「帽子」
posted by Timothée at 23:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | ひとくち会話

2006年08月26日

ノールトン村

だいぶカナダも涼しくなってきました。もう秋という感じ。

lac brome

さて、今日はイースタンタウンシップスの
ブローム湖(lac brome)の辺りに行ってみます。



    ↑   ↑
地面にアヒルの足あと黄色にペイント。

この辺りは、ゴルフ場、アヒルの養殖場、旅館やレストラン、ブティックやアンティークストアなどがあり、イギリスのビクトリア調のデザインも合わさった可愛らしい町並みになります。英語名でノールトン村(Knowlton village)という名前がついています。

Knowlton village site
www.knowltonquebec.ca

9月1日〜4日Expo Bromeが開催。
今年は150年周年だそうです。
www.bromefair.com

秋には毎年アヒルフェスティバルが行なわれます。
今年は9月23-24日、30日-10月1日
詳細はこちらCanard en Fête au Lac Brome

開業1849以来の旅館で町の真ん中にあります。
Auverge Knowlton
www.aubergeknowlton.ca

昔の建物はこちら

Knowlton Mill Pond maison

これらは現在町の図書館


今日の仏単語

canard
カナール (m)「かも アヒル」

auberge
オベルジュ (f)「旅館 宿屋 ホステル B&B」

auberge de jeunesse 「ユースホステル」

exposition
エキスポジィスィヨン (f)「展示会 博覧会」
posted by Timothée at 23:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類

2006年08月25日

チャンプカー

F1トルコGPがはじまりましたが、F1ああジャックの姿はもう本当にないのだと思うと、悲しい〜。

ところでチャンプカーワールドシリーズ(Champ Car World Series)がモントリオールジルビルヌーブサーキットで行なわれています。実際見に行ったことはありませんが、今日は注目してみたいと思います。

Champ Car World Series
www.champcarworldseries.com

Champ Car Grand Prix of Montreal
www.champcarmontreal.com

チャンプカーは、以前はカート(CART《Championship Auto Racing Teams》)と呼ばれていたレースでて、2003年にインディ500とカートが分裂して今までインディカーとよばれていたCART用のマシンがチャンプカーと呼ぶように変更されました。ジャックビルヌーブもカートインディ500で94-95年走り95年にはチャンピョンとなりました。

1994年
シリーズ6位,インディ500総合2位
Rookie of the Year を受賞

1995年
シリーズチャンピオン!!インディ500総合優勝!!!
95年のジャックはこちら(champ car site)

先日、たまたまジャックの故郷の近くをとおりました。バルーンフェスティバルが終わった翌日でしたが、空に気球が飛んでいました~!





とても大きくてビックリ!

青空は仏語で

ciel bleu

posted by Timothée at 23:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類

2006年08月24日

屋根付き橋(le pont couvert)

今日はモントリオールから東南にある地域
イースタンタウンシップスという地域に迫ります。

イースタンタウンシップ(Eastern Townships)は、秋のカエデの紅葉も大変きれいなところで、最近は多くの観光客も訪れるところ、私も気に入っているところです〜!

この地域を仏語では、

Cantons-de-l'est
カントンドゥレスト 「東の地域」

canton
カントン (m)「(道路・鉄道・森林の)区間 区域」
     「(フランスの)小群 (スイス連邦の)州」

est
エスト (m)「東 東部」

イースタンタウンシップの観光サイトhttp://www.cantonsdelest.com

このあたり、アメリカの独立戦争から逃げてきたイギリスのロイヤリストたちがやってきた地域になります。その語フランス人が来て英仏の文化が混ざった地域になります。たくさんのビクトリア朝の家も多く残っています。
また、19世紀終わリ頃から20世紀初めにできた屋根付き橋が残っている大変のどかなところです。

こちらが屋根付き橋




屋根付き橋は仏語で

pont couvert
ポンクヴェール

couvert(e)
クヴェール(ヴェルト) (adj.)「(deで)覆われた」

pont
ポン (m)「橋」
posted by Timothée at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2006年08月23日

イバノビッチ優勝!!!

順延になった月曜の女子シングルは試合は、Ana Ivanovic(アナ イバノビッチ)が、6-2、6-3でMartina Hingis(マルチナヒンギス)にストレート勝ち、初勝利を飾りました。

MontrealTF02.jpg
www.anaivanovic.com

18才の彼女は強かったですね。カッコいいしとてもすばらしかったです。試合って精神力も大事ですよね。

彼女のコメントより仏語を覚えます〜♪

J'ai été chanceuse.「私はラッキーだった」

été →êtreの過去分詞

chanceux(se)
シャンスー(ズ) (adj.)「運のいい ついている」

Je suis tellement contente.
C'est une grande sensation.
「とってもうれしい。大きな気持ちです」

tellement
テレマン (adv.)「とても 非常に」

contente
コンタン (adj.)「(deに)満足している うれしい」

grand(e)
グラン(ド) (adj.)「大きい」

sensation
サンサスィヨン (f)「感じ 気持ち」

女子ダブルスの決勝は、

Martina Navratilova(マルチナ ナブラチロワ)&
Nadia Petrova(ナディア ペトロワ)組みが、
6-1, 6-2で優勝を飾りました。

相手はCara Black(カーラ ブラック)&Anna-Lena Groenefeld(アンナレーナ グローネフェルド)組み。

ナブラチロワ選手は、49才の現役選手。すごいですね!モントリオールの競技のディレクターもまだまだ現役活躍できると評価をしています。ケベック出身の選手は、
Stéphanie Dubois選手、Marie-Ève Pelletier選手。
彼らにも評価をあげています。

カナダ記事 カチンコ動画

私的にはヒンギス選手もファンでありますが、イバノビッチ選手もファンになちゃいました。ロジャーズカップは来年は女子はトロント、2年後にまたモントリオールで女子が行なわれます。また選手たちがモントリオールにやってくるのを楽しみにしたいと思います!

さて、テニスの全米オープンはいよいよ今月25日からはじまります。どの選手たちも活躍を期待たいと思います♪
posted by Timothée at 23:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他スポーツ

2006年08月22日

テニスの由来は仏語から

テニスのRogers Cupロジャーズカップの女子の試合が現在モントリオールで行なわれますが、昨日雨のため、今日(現地月曜日)が決勝となります。

女子シングルのファイナルは、21日2時PMが行なわれます。
Martina Hingis(マルチナ ヒンギス)V.S.
Ana Ivanovic(アナ イバノビッチ)

今日は、テニスの単語に迫ります〜(?)

tennis
テニス (m)「テニス」

*tennisの語源はフランス語のtenirの命令形tenez「受けてみろ」であり、テニスの前進「paume」という球戯でボールを打つときに発した言葉に由来するといわれている。(仏和辞書より)

tenir
トゥニール (不規)「持っている つかんでいる」

paume
ポーム (f)「(スポーツ)ポーム」
*11世紀以来の球技でテニスの原形

le serment du jeu de paume
(フランス革命時の)球技場(テニスコート)の誓い」
詳しくはこちら(Wikipédia)

serment
セルマン (m)「宣誓 誓い 固い約束」

jeu
ジュー (m)「遊び ゲーム 競技(場)」

jouer au tennis 「テニスをする」

私もテニス昔ははまっていて、paumeというテニスクラブで練習してました~!(苦笑)(上手じゃないですが、ただの趣味)最近はテニスしてませんが、久しぶりにまたテニスしてみたいですー!
posted by Timothée at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ

2006年08月21日

お菓子の家(une maison en pain d'épices)

今日もお菓子の話題になりました♪

ドイツのグリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」
Hänsel et Gretelにでてくるお菓子の家を仏語では、

une maison en pain d'épices
ユヌメゾンエンパンデピス

maison
メゾン (f)「家」

pain
パン (m)「パン 菓子パン」

pain d'épice(s) 「パンデピス」

パンデピスはこんな感じのお菓子です。
Recette du pain d'épice(レシピはこちらをご参考に♪)

さて、今日はカナダオンタリオ州東部のVankleek Hillという町を紹介します。オタワとモントリオールの間にある町で、"お菓子の家の町"と言われています。お菓子の家は、英語で"Gingerbread house"といわれます。

赤レンガ作りに、デコレーションされたポーチ、窓、屋根のスタイル、19世紀のビクトリア様式の家が250以上残っています。見た目もとてもチャーミング。お菓子の家風スタイルということから、2003年にオンタリオ州では「お菓子の家の町」と名前が付いています。



Vankleek Hill Tourism and Information Centre(英語)
www.vankleek.net www.vankleekhill.ca
posted by Timothée at 02:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類

2006年08月20日

パンの仏単語

今日はパンの仏単語を覚えます〜♪

パン・菓子パンの仏語♪

pain
パン (m)「パン 菓子パン」

boulangerie
ブーランジュリ (f)「パン屋」
*パン以外にパイなどの焼き菓子など売っていることが多い

baguette
バゲット (f)「バゲッド フランスパン」
「細い棒 枝」*複数形だと箸

croissant
クロワサン (m)「クロワッサン 三日月」

petit pain 「ロールパン」

brioche
ブリオッシュ (f)「ブリオッシュ」
*丸い形をしたパン菓子

pâtisserie danoise 「デニッシュ」

danois(e)
ダノワ (adj.)「デンマークの」

pain noir 「黒パン」

pain de seigle 「ライ麦パン」

seigle
セグル (m)「ライ麦」

pain aux raisoins 「レーズンパン」

pain à la crème 「クリームパン」

pain au chocolat 「チョコレートパン」

pain de Gênes 「ジェノバケーキ」
*粉末アーモンド入りスポンジケーキ

pain d'épice(s) 「パンデピス」
*蜂蜜・アニスなどの入ったライ麦粉で作る菓子パン

épice
エピス (f)「香辛料 スパイス」

pain perdu 「フレンチトースト」

perdu
ペルデュ (adj.)「失った」

pain doré 「フレンチトースト」
*ケベックはこちらをよく使う

doré
ドレ (adj.)「金色の こんがり焼けた」
posted by Timothée at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2006年08月19日

お菓子の仏単語

お菓子の仏単語を覚えてみます〜♪

さすがフランスだー!
辞書でお菓子の単語がたくさんでてきました!

pâtisserie
パティスリ (f)「ケーキ 菓子 ケーキ屋」
*粉と卵で焼いて作った菓子一般

gâteau
ガトー (m)「ケーキ 菓子」

gâteau au chocolat 「チョコレートケーキ」

gâteau au fromage 「チーズケーキ」

gâteau d'anniversaire 「誕生日ケーキ」

gâteau sec 「クッキー類」

sec
セック (adj.)「乾いた」

chocolat
ショコラ (m)「チョコレート」

fromage
フロマージュ (m)「チーズ」

confiserie
コンフィズリ (f)「砂糖菓子 砂糖菓子店」
*砂糖を固めた菓子

nougat
ヌガ (m)「ヌガー」

tarte
タルト (f)「タルト」

charlotte
シャルロット (f)「シャルロット」
*型の内側にビスケットや食パンを貼りつけ果物・クリームなどを詰めた菓子。

chou à la crème 「シュークリーム」

chou
シュー (m)「(菓子)シュー キャベツ」

savarin
サヴァラン (m)「サバラン」
*ラム酒入りシロップをしみこませたリング型のケーキ

soufflé
スフレ (m)「スフレ」
*メレンゲを加えてふっくら焼き上げた料理菓子

soufflé au fromage 「チーズスフレ」

crêpe
クレープ (f)「クレープ」

crêpe à la confiture 「ジャム入りのクレープ」

confiture
コンフィテュール (f)「ジャム」

madeleine
マドレーヌ (f)「マドレーヌ」
*多く貝の形をしたスポンジケーキ

financier
フィナンスィエ (m)「フィナンシェ」

macaron
マカロン (m)「マカロン」
*小型の丸いクッキー

crème brûlée 「クリームブリュレ」

crème
クレーム (f)「クリーム」

brûlé(e)
ブリューレ (adj.)「焼けた 焦げた」

biscuit
ビスキュイ (m)「ビスケット クッキー ケーキ菓子」

sablé
サブレ (m)「サブレ」
*さくさくしたバタークッキー。ノルマンディ地方の都市Sabléに由来。

bavarois
バヴァロワ (m)「ババロア」

*Bavarois(e) 「バイエルン人」

bavaroise
バヴァロワーズ (f)「バヴァロワーズ」
*紅茶に黄身・牛乳・リキュールなどを加えた飲み物

crème caramel 「プリン」

caramel
カラメル (m)「キャラメル」 (adj.)「カラメル色の」

pudding
プディング (m)「プリン」

gelée
ジュレ (f)「ゼリー」

bonbon
ボンボン (m)「キャンディ 飴」

posted by Timothée at 06:31 | Comment(6) | TrackBack(3) | 未分類

2006年08月18日

モーの誕生日

今日は夫モーモーの誕生日なので今日はお祝いします〜!

Aujourd'hui c'est la fête de mon mari.

「誕生日おめでとう」は仏語で

Bon fête!!!

Bon anniversaire!!!

*ケベックは誕生日"la fête"の方をよく使われますが、仏語的には"l'anniversaire "がいいかしら。


誕生日の単語♪

anniversaire de naissance 「誕生日」

anniversaire
アニヴェルセール (m)「誕生日」

naissance
ネサーンス (f)「誕生 出生」

aujourd'hui
オジュルデュイ (adv.)「今日(は)」

anneé
アネ (f)「年」

(ex.)
Aujourd'hui, c'est mon anniversaire.
「今日は私の誕生日です」

Aujourd'hui c'est l'anniversaire de mon mari,
「今日は私の夫の誕生日です」

C'est quand ton anniversaire?
「いつが君の誕生日?」

C'est le dix-huit août.
「8月18日です」

En quelle année es-tu né?
「何年に生まれたの?」
posted by Timothée at 23:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月17日

リンゴ狩り(la cueillette des pommes)

ケベックではリンゴは8月末〜10月が取れごろ。この時期は、リンゴ狩りをして、そして手作りアップルパイを食べるのは楽しみのひとつです♪

le pommes

モントリオールから南部モンテレジー(Montérégie)の地域からケベック州の東南のイースタンタウンシップス(Cantons-de-l'Est)という地域はリンゴ畑やシードル工場がいろいろあります。

モンテレジー(Montérégie)地域のシードル工場のルートは、↓こちらです。

Route des cidres de la Montérégie










La route des cidres
de la Montérégie

(808kb PDF-file)


毎年5月は「クレープとシードルの日(les journées Crêpes et cidres)」があるそうで、今度シードル巡りをしたいな〜思います♪

シードルは炭酸の入りとなしがありまして、甘くてとてもおいしいデザート酒として飲まれています。炭酸なしは"アップルワイン"とも呼ばれていますが、高価なアイスワインよりも値段がお手ごろ、$20前後で手に入ります。作り方はアイスワインと同じ方法ということです。また次回にご紹介したいと思います。

さて、リンゴ狩りは仏語で

la cueillette des pommes
クイエット デ ポム

pomme
ポム (f)「りんご」

cueillette
クイエット (f)「(果実・花などの)摘み取り 収穫」

cueillir
クイール (不規)「(果物・花などを)摘む」

je cueille
tu cueilles
il cueille
nous cueillons
vous cueillez
ils cueillent

Nous allons cueillir des pommes.
「私たちはリンゴ狩りに行く」

カナダのリンゴは小ぶりになりますが、黄や緑、赤色と種類はいろいろ、マッキントッシがよくとれます。リンゴは体にいいので夏バテ解消にと毎日リンゴを食べてます〜!

posted by Timothée at 23:32 | Comment(2) | TrackBack(2) | 未分類

2006年08月16日

聖グレゴリウス山(Mont Saint-Grégoire)

monteregie_dc_carte.jpg

昨日のSt-Jean-sur-Richelieuの隣の町には、聖グレゴリウス山(Mont Saint-Grégoire)がありまして、リンゴ園メイプルシロップ小屋があります。

今日はシャボノー家が経営しているりんご園を紹介します。

dc_logo.jpg





www.vergersdc.qc.ca





dc_1.jpg dc_2.jpg dc_3.jpg

6月中旬〜10月末まで季節の果物を摘むことができます。
(リンゴ、いちご、ラズベリー、ブルーべリー、パンプキンなど)ショップは年間営業中。工場見学&テイスティング(要予約)、レストランではカナダ田舎料理、焼きたてアップルパイなども召し上がれます。
ミニファームもあってファミリーで楽しめるリンゴ園です。

リンゴ畑の仏単語をちょこっと♪

champ
シャン (m)「畑 広場 (複数形で)田舎 野原」

champêtre 「田舎の」

campagne
カンパーニュ (f)「田舎 農村」

village
ヴィラージュ (m)「村」


repas
ルパ (m)「食事」

verger
ヴェルジェ (m)「果樹園」

cidrerie
スィードリ (f)「シードル醸造所」

cidre
スィードル (m)「シードル リンゴ酒」

érablière
エラブリエール (f)「カエデ林」

érable
エラブル (m)「カエデ メープル」

le érable à sucre 「砂糖カエデ」

le sucre d'érable 「カエデ砂糖 メープルシュガー」



ハロウィンの時期になるとデコレーション用のオレンジ色の大きなかぼちゃが並びます。

cidre3.JPG

温かい出来立て手作りアップルパイは最高においしい!
ショップにはリンゴシードル、他リンゴのお土産、メープルシロップなどが売っています。
posted by Timothée at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2006年08月15日

ジャックの生まれた町St-Jean-sur-Richelieu

今日はジャックビルヌーブの話題です〜。

BMWを去ることになってしまったショックなニュースから1週間以上たちましたが、なんかとても長い1週間だった気がします〜。
世界のジャックファンたちはジャックの今後の道をを温かい目で見守っているところですが、私もファンとして、今までお疲れさまとこれからも応援しているぞーと伝えたいと思います!

現在ジャック&ジョアンナ夫人はケベックに来られたそうです。
En vacances au Québec(カナダ記事)

先週12日土曜日から始まった国際熱気球フェスティバルで、
ケベック出身歌手のGarouのケベックツアーに一緒に参加したみたいです。

International de montgolfières
de Saint-Jean-sur-Richelieu 国際熱気球フェスティバル

www.montgolfieres.com

熱気球は、仏語で

montgolfière
モンゴルフィエ (f)「(モンゴルフィエ式)熱気球」


Garouさんは、ジャックたちの結婚式にも参加したしお友達なんですね♪GarouのHPによるとTV番組に今週生出演しているみたいなので、チェックしたいと思います〜!

さてこの熱気球フェスティバルは、モントリオールの南50kmのSt-Jean-sur-Richelieu空港に開催されています。
この町St-Jean-sur-Richelieu はジャックビルヌーブの生まれた町です。


今日は、ジャックの故郷でもあるこのフェスティバルも開催されている町、Saint-Jean-sur-Richelieuの地名の意味をふれてみました。

Saint-Jean-sur-Richelieu
サン ジョン スュル リシェリュ

Richelieuは、仏語でオックスフォード靴の意味。
*紐で結ぶ短靴の総称で、17世紀オックスフォード大学の学生が履いていたことによる名称になっているそうです。

Richelieu
リシェリュ (m)「オックスフォード靴*」

sur
スュル (prép.)「〜の上に」

Jean
ジャン (m)聖ヨハネ

17世紀イギリスがこの辺りに、"St.Johns"という要塞として場所を置き、その後フランス側が"St.Jean"という要塞を置いたそうです。

敵であったイギリスに対抗した名前の由来になります。
地名を直訳してみると

「オックスフォード靴の上に聖ヨハネ(St.Jean)要塞」
という感じでしょうか。すごい名前だ〜!

私はまだこのフェスティバルの行ったことがありませんが、
いつか見に行きたいです〜!

posted by Timothée at 23:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類

2006年08月14日

日焼けの単語

今日は「日焼け」の仏単語を覚えます~

日焼けのクリームならCoppertone!!!
Copyright Coppertone


bronzer
ブロンゼ (1群)「(太陽の光が)(人の)肌を焼く」

se bronzer 「日焼けする」

Je me suis bronzé pendant mes vacances d'été.
「私は夏休みに日焼けした」

pendant
パンダン (prép.)「~の間に」

vacance
ヴァカーンス (f)「休暇 バカンス」

bronzage
ブロンザージュ (m)「日焼け 焼くこと」


日焼けさせる「サンオイル」は、

la lotion autobronzante

la crème de bronzage

bronzant

ブロザン (adj.)「日焼け用の」

crème
クレーム (f)「クリーム」

lotion
ロスィヨン (f)「ローション 化粧水」

J'ai un coup de soleil sur la plage.
「私は海で日焼けした」

le coup de soleil 「日焼け」

coup
クー (m)「一撃」

plage
プラージュ (f)「浜辺 海辺 ビーチ」

「日焼け止めクリーム」は、

la crème solaire

la lotion écran solaire 
(サンスクリーンローション)

écran
エクラン (m)「スクリーン 幕」

Mets la crème solaire.「日焼けクリームを塗って」

hydrofuge 6 heures 「6時間防水」

hydrofuge 「防水」=waterproof(英)

hydr(o)- 「水」

protection solaire 「紫外線保護」

protection
プロテクスィヨン (f)「保護 防備」

solaire
ソレール (adj.)「太陽の 太陽光線の」

non irritante 「刺激の少ない」

irritant(e)
イリタン(テ) (adj.)「刺激性の いらいらさせる」

doux (ce)
ドゥー (ス) (adj.)「マイルドな 優しい 甘い」

私も日焼け止めクリームは毎日欠かさず塗っていますが、いつの間にか夏は肌が黒くなっています~。カナダは紫外線が強い。

お盆休みですね。皆さま良いお盆の休暇を~!
posted by Timothée at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2006年08月13日

雑誌の種類(types de revue)

今日は、日刊、週間、月刊の雑誌の種類の仏単語を覚えます〜
この頃、読めないくせして仏語の雑誌を買ったりします、(苦笑)

revue
ルヴェ (f)「雑誌」

hebdo
エブド (m)「週刊誌」(=hebdomadaire)

hebdomadaire
エブドマデール (m)「週刊誌」(adj.)「週ごとの」 

quotidien
コティディヤン (m)「日刊紙」

mensuel
マンスュエル (m)「月刊誌」

magazine
マガズィーヌ (m)「(写真入りの)雑誌」

publication
ピュブリカスィヨン (f)「刊行 発行」 出版物

posted by Timothée at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2006年08月12日

野菜畑(Mon potager)

こちらは、以前うちで作ってみた野菜です〜
キュウリは種から、トマトはイタリアントマトの苗からです。

le concombre la tomate

種から植えたトマトは芽がでて花も咲いたところ、もうちょっとで実が大きくなるところだったのが、夏が短いので寒くなって、青いミニトマトでおわってしまいました。

potager
ポタジェ (m)「野菜畑 菜園」

concombre
コンコーンブル (m)「キュウリ」

tomate
トマート (f)「トマト」

旬のあてはまる単語は、

saison
セゾン (f)「季節 (農作物などの)時期」

fruits de saison 「旬の果物」

légumes de saison 「旬の野菜」

C'est la saison des légumes.
「野菜が旬だ」
posted by Timothée at 23:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月11日

トウモロコシパーティ(Epluchette de blé d'Inde)

今の時期、ケベックではトウモロコシが旬となります。昨日はトウモロコシパーティに行ってきました。

les maïs

パーティ好きのケベックでは、"トウモロコシ皮むき会"と呼ばれるパーティが開かれて、トウモロコシの皮をむきながら、庭の大きななべで茹でてバーベキューなどして皆で楽しむパーティです。

このパーティを
Epluchette de blé d'Inde
エプリュシェトゥドゥブレデンドゥ と言われています♪

éplucher
エプリュシェ (1群)「(果物・野菜などど)の皮をむく」

英語だとCorn Roast Party
「トウモロコシと焼肉のパーティ」と言われます♪

Epluchette de blé d'Inde

仏語で「パーティ」は

fête
フェット (f)「パーティ」

*カナダでは"party"で仏語としても使われてます。

仏語で「トウモロコシ」は、

maïs
マイス (m)「トウモロコシ」

ケベックではトウモロコシの別名で、"インドの小麦"と名前が付いています。

le blé d'Inde
ブレデンドゥ 「インドの小麦」

blé
ブレ (m)「小麦」

Inde
アーンド (f)「インド」

新大陸発見の時代、開拓者たちがインドにある小麦かと思ったことから由来。

こちらのトウモロコシの食べ方ですが、バターのかたまりが置いてあるので、茹でたてトウモロコシをそのバターにつけて、塩をかけて"ガブッ"っと食べます。
ケベック産の旬のトウモロコシは、甘くてと~ってもおいしいです~!
posted by Timothée at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月10日

のどが渇く(J'ai soif.)

今日は、「のどが渇く」を覚えます〜♪

J'ai soif.
ジェ ソワフ「のどが渇く」

soif
ソワフ (f)「(のどの)渇き」

avoir soif 「のどが渇く」


バーちょっとひといき♪

爽やかサングリア風カクテルをつくってみました〜♪
お好みのフルーツをグラスに入れて、ワインと炭酸水を1:2で入れて出来上がり~!

Sangria風

フルーツはパイナップル、リンゴ、ブドウ、オレンジ、桃の缶詰を入れてみました。赤ワインにペリエで割って、お好みの甘さに♪やっぱりここで使うのはメイプルシロップです!

うまっ!夏のドリンクにおすすめで〜す!
posted by Timothée at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2006年08月09日

がっかりする(Je suis déçu)

今日はがっかりしたの仏単語を覚えます~

Je suis déçu.
ジュスイ デスュ 「私はがっかりした」

déçu
デスュ (adj.)「失望した がっかりした」

être déçu de~  「~で失望した がっかりした」

Je suis déçu de ce résultat.
「その結果にがっかりした」

être déçu que (接) 「~して失望した」

Elle est déçue qu'il ne soit pas venu.
「彼女は彼が来なかったのでがっかりした」

soit→êtreの接続法現在

venu→venirの過去分詞

décevoir
デスヴォワール (不規)「(人)を失望させる 期待を裏切る」

Ce résultat nous a déçus. 
「その結果に私たちはがっかりした」

a→avoirの直説法現在

déçu→décevoirの過去分詞

がっかりしたことと言いますと、F1のジャックが今年の残りのレースが出れなくなってしまいましたが、
とてもがっかりです〜

Je suis très déçu.
posted by Timothée at 23:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。