2006年01月03日

動詞は3つのグループ

動詞は、主語(人称)、数、時制、態などに応じて、動詞の形が変わってきます。

あ〜、なんと複雑なんでしょう!!でも難しく考えずに、グループに分けて覚えてしまいましょう。(←自分に言い聞かせています!)

動詞は、原型(辞書に出ている形)の語尾には、4つの形があります。
-er -ir -oir -re

そして、その中で3つのグループに分けられます。

【1】第一グループ規則動詞 (-er型)
【2】第二グループ規則動詞 (-ir型)
【3】不規則動詞グループ




【1】第一グループ規則動詞 (-er型)
動詞の総数の約90%を占めます。erで終わる同じ語尾でも、例外があり不規則動詞グループになります。

parler
パルレ 「話す」

habiter

アビテ「住む」 

aimer

エメ「愛する」

chanter

シャンテ「歌う」

travailler

トラヴァィエ「働く」

donner

ドネ 「与える」

【2】第二グループ規則動詞 (-ir型)
300余りあるそうです。irで終わる同じ語尾でも、例外が多くあり不規則動詞グループになります。

finir
フィニール「終える」

réussir

レユスィール「成功する」

réunir

レユニール 「集める」

choisir

ショワズィール「選ぶ」

aterrir

アテリール「(飛行機が)着陸する」

obéir

オベイール「従う」

【3】不規則動詞グループ
重要な動詞が多いので、覚えるしかありません。

étre
エトゥル「~である。~です。(~に)いる。」英語のbe動詞

avoir
アヴォワール 「持つ。~いる。ある。」英語のhave

aller
アレ 「行く」

venir

ヴニール「来る」
posted by Timothée at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文法・・・動詞
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。