2006年04月24日

カナダの英雄Gilles Villeneuve(ジル ビルヌーブ)

ジャックビルヌーブファンとして、F1を応援していまーす。

今日は、ジャックビルヌーブの父ジル ビルヌーブについて書きます。F1ファンの方ご存知の方、たくさんいらっしゃると思いますが。。

サン-マリノ(Saint-Marin/San Marino)GPが行われたイモラ(Imola)の地では、追悼のセレモニーが今月20日セレモニーが行われたそうです。

Radio-canadaの記事
Imola se souviendra de Gilles canada.png(仏)
(イモラがGillesを思い出させる)

Gilles est encore vivant en Italie canada.png(仏)
(Gillesはイタリアでまだ生きている)

今から、24年前の1982年
サン-マリノGP 1982 San Marino Grand Prix.

フェラーリドライバーGilles Villeneuveとチームメイトのフランス人Didier Pironi(ディディエ ピローニ)との激しいバトルで幕が終わり、ジルの生涯最後のレースとなってしまいます。

次戦のベルギーグランプリ予選で悪夢の事故、

永遠のヒーロー ジル ビルヌーブ
Ferrariドライバーとして67戦活躍 優勝歴6回

彼の生い立ち(Gilles Villeneuve Biography)

1950年1月18日、Gillesカナダケベック州生まれ

1971年 4月9日 息子Jacques(現ジャックビルヌーブ)生まれる

1977年 イギリスGP マクラーレンからF1デビュー
    カナダGPでフェラーリから参戦
   *日本GP(富士スピードウェイ)で観客を巻き込む大事故

1978年 フェラーリでフル参戦
    10月8日カナダGPで初優勝
    優勝の写真(Musée Gilles Villeneuveより)
    子供の頃の↑ジャックカワイイです!

1979年 南アフリカGP 2勝目
    USA カルフォルニアGP 3勝目
    USA ニューヨーク GP 4勝目

1981年 モナコGP 5勝目
    スペインGP 6勝目

1982年 5月8日 ベルギーGP予戦2日目の事故、当時11才の息子Jacquesを残し31才の若さでこの世を去ってしまいます。

Jacques(ジャック)4才の時の写真他(Radio.canadaより)
Gilles(ジル)とJoann(ジョアンナ)と一緒に。
とっても素敵な写真。

モータースポーツリンク(Radio.canadaより)

ビルヌーブ伝記 動画ビデオetc...
Le destin tragique d'un champion
(チャンピョンの悲劇の運命 ジルビルヌーブ)


カナダGP歴史(1977〜2000)動画etc...
DE GILLES À JACQUES (ジルからジャックへ)

これからも父ジルの分まで頑張ってほしい
ジャックビルヌーブを応援しています!!!

Musée Gilles Villeneuve -ジルビルヌーブ博物館 canada.png
www.gilles.villeneuve.com
モントリオールから車で約1時間
↑私はまだ行ったことないのですがいつか訪ねます。
(関連記事:ジルビルヌーブ博物館 6/16/06)

さて、カナダGPの現在の開催地ジルビルヌーブサーキットと呼ばれていますが、この由来となりますが、以前のカナダGPは、オンタリオ州のMosport Raceway や、ケベック州 Mont-Tremblant circuit で行われていたみたいです。1978年にカナダGPの開催地がモントリオールのIle Notre-Dame サーキットで行われることになり、その時地元ケベックドライバーのジル ビルヌーブの大活躍、初優勝を飾ります。

1982年のベルギーGPのジルの事故死の後、"The Ile Notre-Dame Circuit"の名前が、正式に"Circuit Gilles Villeneuve" と変わります。そして悲劇はまだ続く。同年のカナダGPジルビルヌーブサーキットと名前になった年、決勝時のイタリアのドライバーRiccardo Paletti(リカルド パレッティ)(Osella-Ford)がこの世を去りました。

またF1サン-マリノ戦といえば94年に遡る4月30日Roland Ratzenberge(ローランド ラッツェンバーガ)(Simtek-Ford)公式予選中の事故死、そして続く5月1日決勝、Ayrton Senna(アイルトン セナ)(Williams-Renault)のまさかの事故死も思い出されます。
悲劇のヒーローたちは心で走り続けていることでしょう。
すみません。暗くなりました。

今年のカナダGP第9戦は、6月23,24,25日モントリオールのジルビルヌーブサーキットで行われます。
2006 第9戦 カナダGP canada.png
www.grandprix.ca

さて、F1日本GPというと鈴鹿サーキットですが、来年2007年からの日本グランプリの開催地は、富士スピードウェイとなります。(先月の発表)

*1976年に日本で初めてF1日本GPが開催されたのが、この富士スピードウェイ、翌1977年も富士でF1日本GPが開催されましたが、ジルの起こした大事故、立ち入り禁止区域にいた観客2名死亡、他重軽傷者がでてしまった影響から翌年からのF1選手権日本GP開催はしばらく姿を消すこととなります。その10年後、1987年からは鈴鹿サーキットでF1日本GPが開催されてきました。


posted by Timothée at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Formule 1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。