2006年04月25日

Gilles Villeneuve(ジル ビルヌーブ)の生涯映画化

1982年のベルギーGP予選中、この世を去った伝説ドライバーGilles Villeneuve(ジル ビルヌーブ)。彼の生涯が映画化されます。映画タイトルは『VILLENEUVE』モントリオールのディレクターChristian Douguayのもとに3千万ドルの予算で、製作は今年の春〜夏にかけて、2007年までに完成する予定だそう。

   『VILLENEUVE』

プロデューサー: Gabriella Martinelli
シナリオ: Malcolm Clark
ディレクター: Christian Douguay

『The Life of the Legendary Driver』
 by Gerald Donaldson この本が原作

    g.villeneuve.jpg

ジャックビルヌーブのサイトより(英語)

ジャックは「11歳の時の事故死の後、誰も父と僕の関係を知らないだろうが、僕が父のことを憎んでいると思っている人や、僕を父のゴーストのように見ているという人もいるといた。父ジルビルヌーブの息子であることに誇りに思ってる。彼はいつも僕のヒーローだった。etc...」 とコメントされています。

Radio-canadaの記事(仏)

カチンコインタビュー(Téléjournal Montréal 2005/02/24-1)(仏)

カチンコインタビュー(Téléjournal Montréal 2005/02/24-2)(仏)

↑フランス語インタビューなので、困っちゃうな~。私はちんぷんかんぷんですが、何を言っているか(?)困らずにフランス語もわかるようになれたらいいのにな~。
後日モーに聞きたいと思います。

映画『VILLENEUVE』の完成、楽しみです。早くみたいっ!

posted by Timothée at 12:28 | Comment(8) | TrackBack(0) | Formule 1
この記事へのコメント
こんにちは。
先日は、コメントありがとうございました。

映画「VILLENEUVE」では、当初、ジャックが自分のレースシーン、そしてジルのレースシーンで自らハンドルを握りたいと語っていました。その位、この映画に寄せる思いが強いのでしょう。

フランス語、覚えたいです。また、寄らせていただきます。よろしくお願いします。
Posted by RYO at 2006年04月30日 22:35
こんにちは♪Ryoさん、いらしゃいませ〜!
どんな映画になるか、ジャックがジル役でハンドル握るのは、とても楽しみですね。RYOさんのジャックビルヌーブ情報楽しみにしています。こちらこそどうぞよろしくです!
Posted by nori at 2006年05月01日 06:47
こんにちは、はじめまして。
RYOさんのブログの書き込みを拝見してここへたどり着きました。
ケベックにお住まいなんですね。
羨ましい〜。
ジャックファン&昔からフランス語が大好きな私にとっては、ケベックはとても魅力的なところです。
フランス語を聞いているとまるでヒーリング音楽を聴いているような感覚になり、癒されてしまう私。
でもフランス語は本当に難しい。とりあえず英語をマスターしてからフランス語チャレンジしようと思っています。
今は○HKのフランス語を見て我慢の日々です。いつかフランス語で書き込めるようになるといいな〜。
これからもちょくちょく覗かせていただきます。

ジルの映画、本当に楽しみです。ジャックの思いもたくさん込められた映画になることでしょう。

私は6月に行われるカナダGPへ観戦に行く予定なのですが、ここでジルの博物館があることを知り
行きたいと思ったのですが、モントリオールから車で1時間ですか〜、英語が全く話せない私には今のところ難しそう。(悲)
そういえば、ジルの生家がどこかにまだ残ってますよね?そこまでの道の名前にビルヌーブという名前が付いていると
どこかのサイトで読んだ記憶があるのですが・・・・・・・
約1日観光の時間があるので行けたら幸せだなぁ〜・・・モントリオールはどんな街なのか今から楽しみです。

Posted by もも at 2006年05月02日 15:20
ももさん、はじめまして!来訪ありがとうございます。
私はフランス語と格闘してますが、これからもよろしくおねがいしまーす!またいつでもBlogに遊びに来てくださいね〜!

ケベックはフランス語のほうがいやでも目にしてしまうので、
日常わからないことだらけ、たまに頭いたくなっちゃいますが、フランス語の勉強がんばってます。英語もまだまだ同時進行中です。

カナダGPに来られるのですね。是非ジルの博物館行くべきですょ〜〜!モントリオールからOrleans Expressというケベックシティ行きのバスがでているので、
博物館があるBerthiervilleの町の止まるみたです。
レンタカーを借りていかなくても、このバスを利用して是非行ってみては!バス会社はこちら→http://www.orleansexpress.com/
到着のバス停のアドレスを見ると、Gilles-Villeneuve通りで博物館まで徒歩で行けそうですょ。
Posted by nori at 2006年05月02日 23:55
こんにちは、ももです。
バス会社のアドレスまで教えていただきありがとうございます。
時間があれば行きたいところなのですが、GPが終わった翌日の夕方にはケベックシティへ移動することになるので難しそうです。
英語が話せればまごつかずに博物館へ行って、飛行機の時間までにモントリオールまで戻ってこれるのですが・・・・
学生時代にもっと英語を勉強しておくべきでした。


フランス語の発音、難しいですよね。
でもモントリオールへ行くのは今から楽しみ♪
ジャック好きでフランス語好きで文化好きな私にとってはケベック州は魅力的な街ですから。

またBlogに遊びに来させていただきますね。
Posted by もも at 2006年05月12日 13:09
ももさん、こんにちは〜!コメントありがとうです。
日程的にちょっとむずかしいでしょうか〜、残念ですが。。
慣れない土地ですと不安ですしね。。。
6月にもしかしたらジルの博物館行く機会あるかもなので、もしその前に行ったときは情報アップしたいと思います。私もカナダGP結局見に行くことになったので、今から待ち遠しいです!

本当、フランス語の発音、難しいですね。お互いがんばりましょ〜!
Posted by nori at 2006年05月13日 06:33
こんにちは。
時間的に可能だったら行こうと思ってバスの時間を調べてみたのですが、飛行機の時間との兼ね合いで3時過ぎにはモントリオールに戻ってきてないと難しいですよね〜。
うわ〜ジル博物館行くのですか?もし行ったらどのようなところだったか教えてくださいね。
ジャックの昔のマシーンも飾ってあるようなので本当は行きたかったな。
カナダGPも行かれるのですか〜お互いに楽しみましょう♪
Posted by もも at 2006年05月15日 13:06
ももさん、こんにちは〜♪コメントありがとうです。
そうですか、本物の昔のマシンあるんですね、来月身内が日本から来るので、是非行きたいと自分で盛り上がってます〜。何とかももさんも行けるといいですね。たぶんGP前に行ってきたいな〜と思うので、(混みそうだし)どんな感じか見れたら見てきますね♪
Posted by nori at 2006年05月16日 06:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。